2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

     結婚は1億円の無駄遣い     

434 :Mr.名無しさん:2005/09/08(木) 01:44:51
離婚の有責原因(理由)は裁判官が勝手に決める。

はっきり言おう。

1.裁判官は女の嘘は虚言をそのまま認め事実に捏造する。

2.男性側の主張は確かな証拠がないと全て却下。
   また、理不尽な1の理由.によっても相殺される。
   さらに、男性側の確かな証拠も「裁判官」が難癖つけて
   握り潰すことがよくある。

3.親権は無条件で母親側に行く。
   そして自動的に養育費支払い義務は男性側に課せられる。
   不当に、かつ、不正に親権を剥奪され、自分の子供にも会えない。
   これは、男性にとって我が子の「拉致状態」と何ら変わりない。


これが裁判官の実態だ。

このような裁判官をどうしたらよいのだろうか?


離婚の有責原因を裁判官が不正にいじり、
「女の嘘を事実として捏造し確定」させる。

その後は裁判官によって捏造された「男性=悪」の構図で、
システム化された「男性有罪」の行政と裁判官の命令・決定が
自動的に進んでゆく。

これが、DV冤罪、人権擁護法案に共通したカラクリだ。


213 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)